指輪に込められた価値

丸いケースに入った婚約指輪

結婚という人生の節目を迎えるにあたって重要なものが指輪です。
結婚に関連する指輪には大きく分けて2種類あります。
1つ目が結婚指輪というもので、結婚後、夫婦が左手の薬指につけているものになります。
この指輪はブランドにもよりますが相場価格は、10万円前後が多いです。
1つでこの価格ですので、2人でとなると倍の価格になります。
材質はプラチナなどのさびにくい材質を利用していることが多くあります。
もう1つが男性から女性に送ることが多い婚約指輪です。
こちらも相場価格には大きなずれがあり、数十万円台のものから数百万円台のものもあります。
人気の価格帯は三十万円台前後で、海外のブランドものも人気になってきています。

今は下がり気味

結婚指輪や婚約指輪の価格はその時の経済状況を大きく反映することになります。
日本がバブル期だった80年代の後半には、指輪などの貴金属に対する人気が非常に高かったために、価格が高騰していき、さらに高額な商品がどんどん発売されるような時代でした。
しかし、バブルが崩壊した後は一気に価格が下落していきました。
また、世界経済の状況によっても貴金属に対する需要が変動すると指輪に対する価格も変動する可能性があります。
最近では、希少金属の価格が少しずつ上昇傾向にあるために、指輪の価格も少しずつ上昇傾向があります。
また、そのときの為替の変動によっても価格が変わってくるので、商品の価格がいつも固定の状況とはいえません。

海外ブランドが人気に

結婚指輪や婚約指輪を購入するときには、大きく分けて国内のメーカーのものと海外のメーカーのものに分けることができます。
近年は、海外のメーカーが日本国内にどんどん進出して店舗を構えているので、手軽に購入することができるようになりました。
そのため、海外ブランドへの人気が高まっています。
国内メーカーの利点は、自分オリジナルのものを作ったり、指輪のサイズを変更したりすることが比較的速くできると言うことがありました。
しかし、海外メーカーの店舗が日本国内で増えたこともあり、最近ではあまり大きなメリットには言えなくなってきました。
これからも、日本、海外両メーカー共に有名デザイナーなどを起用して、よい商品を作成しようとすると考えられています。

オススメリンク

白いハンカチと婚約指輪

価格傾向

多くの人にとって、結婚は人生の大きな節目となります。
結婚を機会に新しい家族が増えていく事もありますし、それ以前に子供が生まれていたとしても、結婚がきっかけとなって親戚付き合いなども増える事にもなります。
人生におけるこの大きな節目である結婚においては、準備として様々にやる事な…Read more

婚約指輪を見せる女性

指輪文化の興り

婚約指輪の変遷としては、古代ローマ時代にその歴史が始まったとされています。
古代の人々にとっては、結婚へ向けた婚約という約束に重要性をもたせていた事が伺えます。
この当時には、鉄の指輪が使用されていたという文献なども残っています。
その後、指輪に愛を記す文字などが刻まれ…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031